店長の仕事はどんなことをするのか?

ここでまとめている
内容は主に雇われの店長的立場の視点です。

 

会社員でいうなら中間管理職で
経営的な視点となるとまた内容は変わります。

 

ここでの店長の仕事はどんなものか、
具体的な実務から、
目に見えない裏方事務作業

 

人材を判断するコツ、
育成方法の内容など
一つの事例としてまとめた内容になります。

他のスタッフと違うところ

 

仕事の意識や責任のありかた。

 

雇われの場合は会社の方針と
自分の気持ちが合わさっていないと
かなり悩みストレスになると思います。

 

経営感覚や数字の管理
またはカリスマ性のある人は
雇われようが、自分で開業しようが
仕組みや考え方、進め方は変わらないので
ストレスにならないでしょう。

 

ほかのスタッフとの違いは
全体を把握できるかどうか
それが一番の大きな違いになります。


ホールとキッチンなら

例えば飲食店やカフェで代表的な
ホールとキッチンで分類するなら

 

ホールを担当しているスタッフは
ホールの事だけしかみえないです。
キッチンはホールから見るなど、

 

逆にキッチンの人はホールの配膳状況など
具体的仕事が見えません

 

この2つのエリアを調整し、
バランスよく、効率よく仕事を流していくのが
店長は管理職、マネージャーの仕事でしょう。

店長の本来の姿勢

 

それは最終は人格にたどり着きます。
スタッフのケアや人材を見る、育てる、
実務の仕事以外にもする仕事はあります

 

ある程度こなしてきた人は人材の育成ができるひとなので
他業種に移っても仕事をこなすことができます

店長とは記事一覧

カフェ店長の主な仕事、それははっきり言うと雑務です。雑務なんですけど知識と感覚が必要になってきます。どんな感覚かというとまさに経営の感覚です。雑務例えば売り上げの入力するにも、経営感覚がある人の入力と無い人の感覚で入力するにも考え方が随分と異なります。背景にすべてが利益と損益の考えがめぐるからです。なのでよくアルバイトの人や、働き始めの人など「店長の考えが良く分からない」とか「この仕事はする必要な...

店長職、現場の支配人や管理職、オーナーなど人材の管理やまとめる上の地位に立つ人の悩むところ現場、社員やアルバイトスタッフの温度差と理解されない悩みどうしても立場上全体を把握している人と、一部の現場飲食店、カフェで例えるなら、ホールだけ、キッチンだけや決まった時間帯にシフトインするアルバイト、パートの人とどの時間もこなせる店長職では根本的に考えかたが違います。スタッフはじめアルバイトのひとが「こうす...

店長はお店に働くのはまんべんなく時間に入りその時間帯の状況を把握する必要がある。週1でもその時間に入ることで他のスタッフにとっても環境が良くなります。どうしてまんべんなく営業時間内にシフトインする理由は、管理をするという意味合いもありますが、その時間のスタッフの心境や仕事の流れを定期的に把握、点検する必要が出るからです。任せる人がいれば入る回数は少なくなりますが、ミーティングの回数を増やさなければ...

組織の中で役職というのは、ある程度イメージが決まってしまいます。それは常にスタッフを見ている緊張感を出す立場。これはどういうことかというと、アルバイトスタッフだけで特に緊張なく遊び延長で仕事をしてしまわないように監視する人が必要という事です。

店長がお店に立っているとき、現場にいるときはどんな事を考えながら仕事をしているか。その前に現場だけのスタッフの場合は作業にこだわりを持ちながら、仕事しているケースが一般的です。例えば飲み物を綺麗に作る事や、スムーズに配膳してみたりお皿を早く洗ったり、いわゆる短い作業の連続を目標で働いています。働く持つ意識は自分自身の仕事が出来ている基準がほとんどで、仕事の価値は自分自身という事です。それでもお客様...

店長の仕事の一つとして実務以外の具体的な内容はアルバイトスタッフの面接です面接の採用に至るまで実は結構難しく、何が具体的に難しいかというと採用する時のポイントです。採用基準を決めていないとき、男性の店長でありがちなのが、顔やタイプで採用してしまう傾向があります。これは女性の場合は不思議とその顔の好みなどがあまり無く男性特有の条件とも言えます。あるカフェ、飲食店に行くと女の子がどの子も似たような雰囲...

店長の責任管理職、役職、チーフ、マネージャーなどの責任者は責任者なりの悩みや問題があります判断の連続をしていかないといけない事です部下はじめ現場で働いているスタッフは管理職の視点を全く知りませんその状態で自分の都合のよい仕事の流れをいう事やスタッフ間の問題を人間関係のストレスなど相談を受ける機会も増えてくると思います。細かいことでは30分という休憩時間の感覚についてAのスタッフは現場から14:00...