経営知識より感覚

言葉で表現するならば、

 

 

「お店を開く」 「お店をする」と

 

 

「お店を開業する」 「お店を経営する」

 

同じことなのですが、
意識の持ち方や見え方は全く違います。

 

前者「お店を開業する」 は
どちらかというとお店をすることがゴールで、

 

後者「お店を経営する」は
お店がスタートの意志が感じられる。

 

このスタートとゴールの感覚は
結婚を例えとしてよく使われていますが

 

まさにその通りです

 

カフェを開業する際にお店を作るのがゴールにしないように
無意識でゴールにしていることが多いので

 

お店を通して何をしたいか、伝えたいかが明確にないと
お店は運営はすぐにぶれていきます。

意識の持ち方

店舗を持つということは、
夢、目的などが具体的な形になり喜ばしい事ですが、

 

同時に資金や一括の現金が無ければ、
ローンを組むことになるので、同時にリスクにもなります。

 

お店を持つ事をゴールにしてしまうと、
維持する能力や考え方、気力が無くなるので
知識よりも感覚や目的が明確に持つことは必要になってきます。

 

その考え方の一例を並べました。

経営の感覚記事一覧

独立開業する時に、実際行動やお店の開業に取り掛かる前にちょっと立ち止まって考えてほしい事があります。それは独立し新しいお店を開業して「なぜお店を開業、起業、お店をもとうと思ったのですか?」本当にお店を始めるのは簡単ですが、続けるのはそれなりの理由や意味が必要になりますそれが例え経営にお金の余裕があってもです。お金に余裕がある事にこしたことはないのですが、逆をゆうなら、経営に余裕があればある程、なぜ...

経営の視点は時間の効率。以前タイムという映画がありました、この映画はお金を時間に置き換えた話で富裕層は寿命の時間が無限にあり、貧困層は寿命が非常に短く、物を購入するのも時間で支払うという非現実的な内容のようだが、実は現実的である内容の映画だ。その時間をお金に換算するとこのような内容になり店舗経営という視点で数字の面でお店運営をみると、8時間営業の6万円の売り上げ店と4時間営業の5万円の売りあげるお...

店長と経営者の仲間内でよく話題になるのが営業時間と人件費と売り上げのバランスは重要だと基本、家賃は一定額なので、開店時間で集客ができれば営業時間に比例して売り上げが上がるので、理想は営業時間が長いことですが、実際夜中の2、3時など営業しても、場所次第ではありますがほとんどはお客様がいらっしゃらない時間です。極端な例えですが、この時間帯に開店しても、人件費と光熱費の方が売上げより上回ります、イコール...

お店を開業し切り盛りするには、ここで仕掛ける必要があるというタイミングがあります。その仕掛ける、売り出す、PRするタイミングが需要とあえば売り上げは伸びます。抽象的ですが、タイミングはどこで分かるのでしょうか。答えはありません。実はその人の感覚なんです、こればかりはある程度は鍛えれるもののもともと持っている才能が占める割合は大きいかもしれません。

雇われる人雇う人の違いはどう違うのかとても簡単ですが、自己責任と判断で行動するかどうかだけなんです。けど人は自然と自己防衛の為に、自分の失敗を他人や環境のせいにし言い訳を言ってしまいます。そこの判断と自分で言い出したことに責任、貫き通し目標を立てて達成する事ができるひと