サービスと接客とは

サービスとは何でしょう? ズバリ 「喜ぶ」「少し物足りない」 文字の大きさが表しているように 8対2のバランスで順番も喜ぶ→少し物足りないです。 そして目に見えるサービスと目に見えない感情に突き刺さるサービス。 接客や接遇、サービス、おもてなしを突き詰めていくと 心理学に辿り着きます、もしくは必ず通過します。 サービスはお客様にこうして欲しいという気持ちを あまり気付かれずに行うのが好ましく、 スタッフは脇役に値します。 脇役的な立ち位置からみた さりげない接客をする事で顧客が生まれ お店の経営的価値が上がっていく ちょっとしたポイントをまとめました。

サービスの内容記事一覧

クレームをおっしゃるお客様は働いているスタッフにとっては避けたい出来事でアンケートで批判の内容を書かれているとマイナスイメージのお客様がいればアルバイトやスタッフ視点で考えると「まずい」「しまった」など悪い要素で考えがちですが実は経営的な視点では、このような場合、クレームはとてもチャンスなんです。なぜチャンスかというと、否定的な意見の人はお店の悪いところ言ってくれるわけですから、お店を繁盛店すため...

ポイントカードのサイズは名刺サイズですが名刺より効果があります、それはお客様にとってメリットがあるので所有することで、お得な特典が受けることができ、還元されるので地味なコツコツとお客様、顧客を増やすにはこのポイントカードは有効的です。特典をしっかり考えて最大限にお客様とお店のメリットを提供する

飲食店業も接客業の代名詞的業界になります。程よい接客、お客様との距離感を意識しなければいけません。関わりすぎると、友人や友達的な感覚になります。それが決して悪いことではありませんが、全てのお客様にそうなる必要は無いと思いますお店のコンセプトやそのスタッフやオーナーの志向によってはありうるかもしれません。しかしお店という、基本お客様が主役の場所で、それ以上の存在や立場である必要はないでしょう。ほとん...

飲食店サービス業でお客様をお待たせするのは「悪」飲食店でお客様が入店し席案内から始め注文料理の提供はお待たせするのは「悪」です特に食品物販で従業員しかとることができないケーキショップはお客様の案内をしっかりしないとクレームもしくわ二度と来ないお店となってしまいます具体的な場面としてはケーキは箱詰めや崩れないように細心の注意を払わないといけないので箱詰めに集中する気持ちは分かりますがだからと言って次...