お店を開店する重要な要素

お店の開業で物理的に
最も重要な事は場所です。

 

どこにお店をだすかの物件情報と
ターゲッツトとするお客様が住んでいる、

 

もしくは勤めている、利用している地域であるか。

 

この時不動産の知識があればとても役に立ちます。

 

街の特徴や駅は近いか、
駅が無ければコンサートホールなど
人が集まる所のなのかなど
立地に対する条件を観る不動産の知識

 

お店を作り込む為には

 

居抜き物件か新装するのかなど

 

お店の箱に対する判断、
選ぶ力も必要になります。

物件記事一覧

カフェを開業するには 居抜き物件か改装物件かどちらで開業するかで最初のコストと開業までの期間が変わります、それは店を軌道に乗せる事や、利益が出るまでの期間に関係し、コンセプトにも関係するのでどちらかバランスよく考えないといけません。個人的には居抜きで充分かと思いますがデザインによっては最初から改装にする必要があります。あとお店は開業してから変化し続けるものなので最初からかっちりしてしまうと変更や改...

インテリア内装は汎用性の多い器具を使用すると良い。お店を開業する時こだわりが強く出てしまい、内装をかっちり決めてしまいがちです。コンセプトをしっかり決める事と少し相反するような内容になりますが現実のお店つくりは100%内装を作りこまないほうが良いです。なぜならお店を開業する時何年続けますか、または続けれますか開業するには一生という気持ちは大切で一生30年ぐらいとします。30年と大きなスパンでなくと...

物件を選ぶ際に押さえておきたいポイント通学、通勤の「途中」と「外れ」にあるお店はお客様の利用が圧倒的に違いが出る管理人「ラテ」が現場でつくづく感じることがあります。お店をカフェ開業する時の必ず押さえておきたいポイントは通勤、通学、人の流れがある通りに出店するということこれは味、空間、お店のこだわり以前の話で、お客様が利用しやすい環境でないといくらこだわってもお店を存続することはできません。お客様の...

奥行が長く間口が狭いお店は日本に沢山あります。正方形のお店に比べると扱いにくく、入口から見るとお客様にもわかりづらいので一見デメリットが多いです。ですが活用や展開ので仕方によっては集客効果やシェアー効果が期待できます方法は数種類間口を狭いのを逆に利用しキッチンや厨房の一部を入口付近に持ってきます。そしてテイクアウト専門もしくは店内奥まで入らないが軽く休憩できるスタンディングのカウンターを作る方法や...

開業するときに物件選びで何を基準に選ぶかのシリーズで車のお客様を中心に幹線道路や観光地の途中にある道や比較的自然が多く、商業エリアでない住宅地などの郊外もしくわ駅3分以内の人通りが自然とある駅近、駅ビルもしくわショッピングモールの中にある飲食店など集客は自然と多い場所か。家賃や入居の条件はあるものの、あなたならどのような物件を選びますか

ショッピングモールは集客がそのモールが全体でしてくれるのでお客様にや宣伝広告費に困りにくいところはありますですが ライバル店が多いので 必ずしもあなたのお店にお客様がくるかというとそうではありません。しかしながら個人で集客するよりは確実性あり家賃のパターンは売上の歩合制で金額が決まっており家賃を達成しないと 撤退を申し付けられる場合がありよく店舗改装中や新店舗オープンなどの案内あります。路面店は集...

空調管理は冷房暖房コストをかけるか外壁 内装遮断性防熱 性能あるレイアウト建材を使うかによって毎日のランニングコストが変わっていきますどちらも考えているのか それともといって逃げていくのか空調に関しては 夏 冬 というのがあるので年間通して平均化をかけないといけません空調感じがでもないのコストかけるか外壁 内装 防音、防寒あるレイアウトやその目的に合った建材を使うかによって月々にかかる経費が変わっ...