製氷機の色々

飲食店、特にカフェ、喫茶店ではなくてはならない
什器の一つが製氷機です

 

氷の種類も複数あり、大きさも様々

 

個人経営の25kgタイプ製氷機から
大型の100kg製氷機まで

 

個人開業レベルの製氷機で
1日の客数が50名ぐらいなら
業務用でなくても
家電レベルの製氷機でも
十分に対応できます。

 

万が一不足したとしても、
コンビニやスーパーで氷を買えば
何とか対応できます。

 

更に製氷機で作った氷を
随時冷凍庫にストックしておけば、
氷を作るのが間に合わなくても安心です。

 

 

流れとしては一日10名以下なら小さい製氷機で
20名以上になると少し準備して

 

30名以上なら業務用の検討ありで
もちろん営業時間によって変わりますが

 

ピークの時間はある程度決まりがあります。

 

 

製氷機選び
100名以上超える場合は夏の時期には
業務用にしていかないと
氷の製造は間に合いません、

 

 

このページでは氷を分ける一日の客数に対して
製氷機をどのタイプに選べばいいかまとめました。

家庭用レベルの製氷機1日客数10名〜15名なら対応可能

あくまで家庭用レベルなので、
冷蔵庫の氷を作るスピードが
速くなったイメージです。

 

 

最初は初期投資したくない方なら
後々買い替えは必要になりますが

 

これぐらいの製氷機でも対応は可能です

しかしあくまで家庭用レベルのスピードが
少し早いだけで常に稼働はしません

業務用の製氷機コストパフォーマンスが優れている

1日の来客数が平均30名以上になる店舗だと
業務用のを導入したほうが良いかもしれません。

 

25kgぐらいになると常備製造しているので
氷不足のストレスはなくなります

 


 

この製氷機は小さいスペースでも設置可能で
電気も節電効果のあるタイプになります。

 

そして商品の口コミに店舗開業用など、
キューブ型の透きとおってきれいな氷でお店用に。
15席ほどの小さな店で25kg用で十分です。
本体はメタリックシルバーなので高級感もあり満足
と記載あります。

 

価格が10万円台なんですが本格的な業務用に比べると
安価なので購入しやすいと思います。