数字に強くなる

収益を得る方法それに最も近づく為の手段の一つとして
数字に強くなる事です。

 

 

計算が早い事にこしたことはないのですが、
数字から見えるお店のメニュー構成や

 

仕入れ、広告などの投資しても回収できるなど
いろいろな判断が瞬時にできる意味での
数字に強くなる事です。

 

数字といってもそのままの数字もあれば
イメージして作り上げる数字もあります。

 

経営という面では最終数字=結果が
頭に計算もしくわイメージできないと
お店を作る事はできないでしょう・

 

その数字につなげるために
お店で行う具体的な出来事など紹介

スポンサーリンクス


お店の実際の収益方法記事一覧

クロス

テーブルとテーブルの間に5cmほど隙間を空ける理由回転率と客席数の増加を狙った方法。テーブルが大き目のお店や客数を増やしたいけど、お店自体の空間が狭くて限られている時。このテーブルとテーブルの間に4、5、6cmぐらいの隙間を開けておくと客席数が増やせます。この場合のケースとしては1、2名であれば1つのテーブルを利用し3、4名であれば、テーブルを合わせる事でまとまった席が出来上がります。この方法はピ...

価格とサービスの違いについて管理人「ラテ」がよくたとえの話をスタッフにするときサービスは値段に反映すると伝えています。それはどういうことかというと、例えでスターバックスコーヒーとルノアールの比較話でルノアールはコーヒー1杯約500円でそれに対してスターバックスコーヒーは約280円おおよそ半額になりますが、ルノアールがコーヒー豆をそんな高価なものを使っているかというと高いのは使用していても、それ以外...

お店を開業する強みに一つとして場所空間があるということ、このスペースは上手く活用するとお店の場所自体が働いてくれる、いわゆる不動産の家賃収入的な効果が現れます。この内容にたどり着いたのは、空き時間の活用で、営業時間外にも売り上げを作る方法はないものかと考えていたときにフリースペースとして場所のみをかすことはどうだろうかとそうすると時代とともに利用したいというユーザーから、場所を借りて、自分たちでケ...