仕事とお金の関係は明確に

飲食店、カフェの給料はどれぐらいか気になるところです。
営業ではないので、成果報酬というより
基本の固定給パターンは多く、お店や経営の方法によっては
一部売り上げ達成型などもあると思います。

 

その固定給の中で
生活をしていかなくてはいけません、

 

そして実質の給料、
額面といわれる金額以外にも

 

福利厚生や労働条件など
お店や会社によっていろいろあります。
そのひとつ例や考え方の基準目安をしるしてみました。


給料とお金と労働記事一覧

カフェの給料や福利厚生、休日を総合的にいわゆる事務一般職に比べるとカフェは飲食店でサービス業にあたるので、勤務体制がシフトになり不定期な休みと時間もまばらです。更にお客様次第で休憩の時間も決まることもあります。これは定期的に休みのバランスが欲しい人は不向きです、むしろスケージュール管理がある程度できる人や変化に対応できる人でないと休みの取り方がかえって疲れてしまいます。

飲食店カフェ福利厚生について営業場所が特殊な場所でない限り休みは基本シフト制になるのがほとんどです。シフト制は不定期と言えば不定期なのですが 、別の見方をすればある程度自分のスケジュール通りに調整できる事でもあります。スケジュール管理すれば、固定されてる休日より効率よく過ごしやすい休日をおくれます。例えば土日休みなら、どこに行っても人が多く、休日価格というのもあり、シフト制なら平日に動け人は少なく...

離職率を下げて、定着率を上げるためのシフトワークシェアリングという言葉を聞いたことありますか飲食店ではレギュラーのアルバイト採用が多いと思いますがダブルワーク向きのシフトにするほうが人件費が削減でき更に離職率少なく、万が一退職してもお店の人材と駆動力に影響が少ないのです。それはなぜか、まずレギュラーアルバイト主流の飲食店はお店の内容をまかせる事はできますが、お店側としてはピーク時間は決まっているの...

飲食店で退職率を下げるポイントは何点かありますが、一番は働く時間ではないでしょうか例えばアルバイトの人が面接に来て履歴書などに働く希望時間が11:00〜13:00とします。面接であなたは10:00〜14:30で働いてほしいいが、人手が足らないので、アルバイトの希望時間は足りないが採用しようと感じます。採用され実際働き始め、最初は希望通りにして11:00〜13:00であったが、仕事が慣れてくる3か月...

雇われる側と雇う側の大きな意識の差があります時間内に作業する意識雇われる側は仕事をしなくてもしても時間で給料が発生するので個人の意識の差が大きく生まれます自分の仕事に意味を見出している人は時間内に作業を完了させようという行動し自分の仕事を意味が分からない人はなんとなく時間が過ぎるのを待っているだけこの2つは1時間では対した差は出ませんが5時間10時間1日7日時間が過ぎるたび大きな差が生れます経営す...