お店の計画は方針

事業全般に該当する事で計画を立てて、計画書を書かなければいけません。 なぜその必要があるかというと、人間が環境によって気分や感情が左右されます、 そのときの状況で判断すると最初に決めた事と違う方向に進むことになります。 書いて計画書に起こすという行為で見直すことができ、 他の人にも視覚的に伝えることができ協力も得られやすく形にする力があり 説得力もでて信頼もされます。

事業計画記事一覧

開業について準備は必ず必要なことはこの2つが始まりです 「なぜしたいか」 「どうしたいか」開業し店を持つことは見た目は華やかですが実際はお店の経営が軌道にのるまでお金の工面に過酷な日々が続きます。最初は大小あるものの必ずリスクを伴う為、カフェ、飲食店をなぜ始めるかの揺るがない理由とお店のコンセプトを決めておかないといけません。どうして開業したいかという明確な理由が必要になりこれは黒字や利益が出れば...

頭の中で開業すると決めました。次はその内容をまとめて他の人にも説明できるように紙などにまとめます。いわゆる開業計画というものになり、自分で確認するものや資金調達で人に見せるものと様々で必ず決め記載するポイントは●店の名前とコンセプトお店のコンセプトは開業のページでもあるように全てのスタートはここからです。●コンセプトにあったターゲットとその場所場所実は家賃や広さ立地条件など形になるもので一番重要な...

お店を開業し名前を決める時につい力が入り凝った名前にしがちですが、お客様や利用する立場としてはどんなお店か、そして覚えやすい名前の必要があります。どんなお店かを表現するには具体的なカテゴリー名を入れる必要があります例えばカフェ「○○○」と「○○○」はお店の名前でカフェ=コーヒー、紅茶を飲むところと連想し、誰も運動するところなど連想しませんこのカテゴリーは結構重要になり、実際カフェと書いていてもお客...

お店の名前や決めることは順番はどれからするにしろ開店するに至り何を目的として始めるかで店つくりも変わってきます。コンセプトを重視するか、売り上げを重視するか、または場所にこだわるか考え方は様々です。コンセプトを基準にするなら、利用される、してほしいお客様によって場所とインテリアを絞っていかないといけません。例えるなら観光地向けのお店やお客様を利用してもらいたいのにお店をオフィス街に出すとまったく売...

開業までに必要な事はスキル実務経営感覚経理知識どれから取り掛かるかとうと、答えは全て同時進行ですべきです、なぜなら実際に開業し経営すると別々に順番に仕事をこなしていけません。開業した瞬間から全ての出来事が同時進行で飛び込んできます。なのでお店に失敗する人はこの3項目が同時にできなかったケースが多いと思います。例えばスキル、カフェの実務作業だけに専念してすると、仕入れと売り上げのバランスが崩れて営業...