飲食店の仕事とは

飲食店での現場
それはマニュアルがあったとしても、
ほとんどが臨機応変になります。

 

 

 

仕事は決まった内容ではなく、
基本はお客様次第な
ところがありますので
その場の対応で変化しなくてはいけません。

 

 

マニュアルはあっても
その通りにいくとは限らないので
確かに何かあった時の
基本になるマニュアルがあることに
こしたことはありません。

 

 

むしろ必要でもあります、
ですがマニュアルに捉われない
柔軟な対応こそが接客はじめ、
お店の経営にも繁栄します

 

 

 

やはりそんな意味では必然的に、
気遣いやサービス旺盛な人が
飲食店業向きということになります。

そういう視点でみれば良い現場での仕事のイメージ

現場での仕事は色んなパターンがあります。
というよりお客様やその時々に合わせて状況が作られるので
逆に言うと同じ状況は二度とないです。

 

その時々に合わせたり対応できるよう、
自分の中基本や基準を作り

 

日々、その基本基礎をしっかり反復し作り上げていきます。

 

その基本は
接客用語の言葉であったり、
仕事の段取りえあったり、
細分化すると様々な内容と実務があり

 

ひとつひとつの要因をしっかり
積み上げると全てが重なり、
そして維持できているお店や人は
経営が順調で、
繁盛するお店作りが可能になります、

 

 

その一つのポイントは
経営者、店長、スタッフのコミュニケーション
優れたマニュアルも必要ですが、伝達する為の人間関係
コミニュティーが重要なキーポイントにもなります。

 

 

ハード面とソフト面からみた仕事内容を
ピックアップし現場での失敗を元に
改善した結果どうなるか経験もあわせた

 

カテゴリー

飲食店現場の仕事内容記事一覧

お店の顔ともいえるホールのお仕事になります。基本はあいさつですが「いらっしゃいませ」「ご注文お伺いします」「ありがとうございました」は勿論使う言葉なんですが「いらっしゃいませ」プラス 「こんにちは」または「こんばんは」「ご注文お伺いします」プラス「おきまりのようでしたら」「ありがとうございました」プラス「またおこしくださいませ」など補足的につけるだけで接客用語は印象良くなる。こうした気配りや工夫と...

カフェの接客で飲み物や配膳時のコツがあります。ドリンクを注文され、お客様に蓋なしでカウンター越しなどで提供する時、テーブルに置かず、手渡しでする渡す光景がしばし見られます。実は非常に危険な提供の仕方で、手渡し場合は渡すときに必ず「離します」と声かけとしてからでないと持っていると思い手を放すとお客様が持っていなくて、こぼしてしまう可能性があります。本来ならばテーブルがあれば、テーブルに必ず一度置き「...

お店の注文会計は様々ありますテーブルにスタッフが注文を伺ってから帰る時に会計日本ではこれが一般的だが海外の文化から来たカフェは、キャッシュオンデリバリーのスタイルが主流である。私が働いているカフェもキャッシュオンデリバリーで先に注文と会計を済ませてから、飲み物、食べ物を提供。キャッシュオンや注文を聞く場合スタイルなど形式に限らず、お客様から注文を受ける時には無駄なな動きがなくスムーズな注文を受ける...

除菌、食中毒対策暑くなる季節、湿気の多くなる梅雨食中毒に気ををつける時期注意する点は食品よりも実は食品自体ではなく、頻繁に手に触るもの例えば冷蔵庫のノブであったりガスコンロのコンロコックそして意外に水道の蛇口、コック皿は洗うが蛇口やコックはそんなに洗わず回数でいうなら皿より洗わないです水回りは湿気の多く人が沢山触るのでそういったところの方が雑菌の繁殖率が高くその箇所で作業の為触った手で食品に触ると...

飲食店では基本中の基本の業務で、清掃作業行うお店はほとんどの確率で繁盛店になります。なぜ繁盛店になるかの原因は無駄がなくなるからです。整理整頓されていない場合、物を探すときには目的のものを探すときに時間がとられます。この時間というのが時間と人件費のロスにつながり衛生面から見ても、国の認可として保健所の基準もあり手はいろんな物と所を触り、その触った手で雑菌が繁殖したりすると食材も腐りやすく結果経費の...

テーブルを拭く時のポイントテーブルの見える面だけではなく見えない特に横の側面と下側を意識して拭く必要があります。見える部分はそのままですが、見えるの綺麗にしようと思えますが見えない部分に関して確認のしようがありません。その為意識して清掃する必要があります。そのテーブルの側面の汚れは飲み残しが流れたりそのまま放置され甘いドリンクなどは粘りが出てお客様がテーブルを持った瞬間とても不快を感じる場所になり...

飲食店やカフェで働くことになり、初日から2、3日の場合、メニューを覚えようとするのが一番良いと一般的とおもわれますが、教える立場としては仕事できる即戦力の人としては、メニューを覚えるよりも作業スペースを作れる人と片付けができる人が必要とされます。例えばお皿を片付ける為に、お皿の元にあった位置を覚え、迷わず収納でき、他の作業するスペースを作り見つけることができると今までの流れを変えずに通常業務が行え...