休憩の仕事の一つ

カフェ飲食店での営業中に休憩憩をとるのも
仕事の一つとよく感じます。

 

休憩というと、サボるなどの連想しがちですが、
サービスに集中し、的確に仕事をする為に頭を休め

 

リフレッシュして、より効率的にサービスしたり

 

より良い仕事をする為の休憩といえます。

 

日本の風習で休憩は怠け者で
悪と思われがちですが
そうではありません、
しっかりと時間管理できている証拠といえます。

 

 

休憩も仕事の一つというのは
休憩自体もそうなのですが、休憩に行くまでの段取りです

 

 

 

その段取りに関しては2名ぐらいで
運営できる規模のお店の場合は
お互いが都合つければ
休憩に迎えるのですが、

 

4名以上中、大規模のお店で
ホールキッチンなど別れる
チームワークが必要とされる仕事の場合、
休憩を行く前に仕事を相手に渡す作業が発生します、

 

 

その時に仕事を他人に渡せる段取りを
休憩前に準備しなくてはいけません
例えばキッチンならば切る作業の工程の途中でなく
一通り切り終えその材料を項目別にまとめておく
お皿を洗っているなら食洗機に入れ切ってしまうなど

 

ホールであれば一度バッシングを完了してしまう
テーブルを一通り拭いてしまうなど
仕事を引き継いで渡す作業は様々です

 

 

 

そういった理由で休憩も
仕事や作業を進める為の
重要な仕事であるといえるでしょう。

同じ働くスタッフに対しての仕事の渡し方は

休憩に行く前に仕事を引き次いで渡したいときに、どのようにすればスムーズに渡せるか。

 

話したかのコツになってくるのですが、
まず仕事の作業を霧の良いところで中断します

 

ついでどこまで作業をしたか、その次になんの作業をするか
指示をすることが必要です。

 

次の作業を伝えることが大事です

スポンサーリンク