休憩を上手くまわすコツ

休憩のタイミングというのは、
飲食店やカフェに限らず
サービス業全般に言えることです。

 

休憩によってタイミングが間違うと、
休憩へいけないというケースは
店長やリーダークルーともなるとよくありませんか

 

 

一番の原因としては一人が
休憩へ行き、最初に休憩に出た人が
帰ってくるまで休憩に出ない。

 

帰ってきてもすぐの入れ替わりではなく
休憩までの準備などあり

 

 

その次の人に変わるタイムラグが出でて
5分ぐらいのことですが少しづつずれて
店長の休憩時間がなくなってりします。

 

 

その原因ともなるタイムラグを解消するために

 

休憩時間を重ねるという休憩のタイミングを見ます

 

 

具体的には

 

最初の人が休憩にでて、帰ってくる5〜10分前ぐらいに
次の人の休憩を出てもらいます

 

その5〜10分は人手が少なくなるのですが、
万が一忙しくて回らなくなってとしても
5〜10分後には休憩から帰ってくるので
カバーしやすくなります。

 

 

 

そして5分前なので、出る準備も更に事前にし
忙しくなって出れなかったとしても、
最初の休憩の人が帰り次第出れるというわけです。

 

 

そうすると比較的に計画や予定通りにシフトや休憩がまわせます。
最初の人も次の人が来るので休憩の切り替え時間も明確で
循環しやすいまわし方になります。

 

 

実践を行いこタイミングになれると、アイドルタイムとピークタイムに向けての
バランスが整いやすくなります。

スポンサーリンク