朝型と夜型のお店の特徴

カフェ飲食店を開業するにいたり

 

朝型オープンのカフェにするか

 

夜型のカフェBARスタイルにするか

 

 

場所の環境や立地条件によりますが
特徴はそれぞれあります。

 

 

朝型カフェ

 

朝から夕方にかけて営業時間が主で
このスタイルのカフェは日本的イメージで
もっとも受けいられやすいカフェお店
いわゆる昔の純喫茶の位置にあたり
アルコールなしのコーヒーを純粋に楽しむ
またはお店の空間を楽しむ傾向であったり

 

お客様の利用の立場としては

 

休憩、一服、おしゃべり場所、商談など
一人で楽しむことから数名のスタイルが多いでしょう。
近年は朝活という言葉もあるぐらい、満員電車を避けて
早朝、始発かtら都心部に通勤する人たちで賑わうように

 

7:00オープンのモーニングが好まれ、
最近では他店との差別化で
6;:30、6:45のオープンなども見られる
主にビジネス街の駅徒歩2分近辺が理想的です

 

朝のお店に悩みどころは
スタッフの調達ですが、一人でできるなら
あなた自身が行えばいいのですが
スタッフが必要な場合は朝起きるのに強い人
朝方人間の人員を採用しなくてはいけませんね、
少ないように思えますが、案外朝にくるお客様のように、

 

9:00、9:30出社の
会社員でダブルワークのスタッフに

 

管理人「ラテ」も実際朝方のカフェで店長をしており
朝のスタッフになやみましたが

 

働き始めるとかなり安定して
続けてくれますその積みかねるうちtに
朝にスタッフの比重が多くなるほどでした

 

朝というニーズもあるのでそこを見つかれば
長く続く人は多いと言えます。
見つかるまでが時間がかかるといったところでしょう。

 

 

 

夜型カフェ

 

午後からのティータイム夜や深夜の営業時間が主
夜だけにお酒、アルコールも取り扱いコーヒーも飲める
カフェBAR、欧米などのパブスタイル

 

日本でいうなら居酒屋的な
欧米の庶民が楽しむスタイルのお店
スタンディングスタイルが基本でもありました。

 

 

時代とともに進化し
日本風にアレンジされたスタイルがあり
ソファーなど一部を贅沢に利用しラウンジ的に
高級感を売りにしているお店も目立ちます。

 

 

 

時間によって勿論お客様の層も変われば
客単価も変わり
お店の滞在時間の違いも出てきます。

 

このスタイルのお店では

 

単価を中心に売上げにするか

 

客数で売り上げを中心か

 

最初の時点でしっかりと
マーケティングwお行なわないと
深夜にわたるので労働力に比べ
売り上げのバランスが悪くなるので

 

そのバランスを注意と
お客様をある程度選ばないと
アルコールが入るので
泥酔、騒ぐ行為で
お店の印象や近隣のクレームも増えます。

 

しかししっかりと顧客が付くと
朝型カフェよりもはるかに単価が上がるのfで

 

売り上げの可能性は高く
パーティー、貸切で大い売り上げも作りやすいです。

スポンサーリンク