FCか自分カフェか

カフェが多くなってきた近年

 

以前とは違い、オリジナルのお店づくりだけではなく

 

外資系のカフェが多くなったと同時に
フランチャイズのシステムの
カフェ飲食店が多くなってきました。

 

 

フランチャイズは本社が一括して、食材を加工し
その提供方法を教え、接客のマニュアルをつくり

 

お店の接客や経営を教育するので、
飲食店を経験していない初心者や
素人が開業できるようにしています。

 

 

メリット

システムができ上げっているので
失敗しにくいということです。

 

デメリット

オリジナリティーが出せないという事です。

 

 

 

ですが開業をするなら、やっぱり自分の色や

 

こういう空間を作りたいというのが一番の醍醐味でしょう

 

オリジナルの自分のお店を持つのは、

 

デメリット

リスクが高いです
なぜ高いというと、名前が知られていないので
オープンしても来店するお客様がほとんどいないということです。

 

日本は悲しいかな、新しいものというか知らないものに臆病で
保守的な習慣が身についてます、

 

そういう意味ではオリジナルのお店の開業するのは
リスクを高くなります。

 

 

しかし極端にいうなら後悔したくないので、
オリジナルのお店を出したいものです。

 

逆に言うならばこだわりがあるので
必死に考え、店、カフェを続けようと頑張れるものです。

 

 

 

その続けていくためには、現実はしっかりと
赤字にならず、黒字計画立てることが必要です。

 

フランチャイズは管理する人が本社でいるので軌道修正しやすい

 

オリジナルは自分自身で判断していかないといけないので
考えることは多いでしょう。

 

その考える事は自分を変えていかないといけません。
お店をするという憧れや理想を追い求めるのではなくて

 

お客様のニーズにこたえて、数字売上を
しっかり管理できる能力は必須です。

 

それで不安に思うなら、最初はフランチャイズで開業して
マニュアルを理解し経験し黒字を作ってからの
自分独自オリジナルのお店を開業するものいいでしょう。

 

フランチャイズで始めるオーナー生活