大きいスペースのお店小いさいスペースのお店

イベント型スペース館 少人数図
大きい箱か小さい箱かという
店づくりの比較ですが

 

それぞれの特徴利便性があります
event spaceの場合は大人数の集客できますが
逆に言うと スタッフの数が必要になってきます。
大きな売上には大きな人件費というバランスになります

 

それに対して 少人数は小さなスペースとしては
アットホームな雰囲気 オーナーが
そのままお店の雰囲気になる 個性的なお店づくりは可能
個人でやる場合 どうしても少人数はになりますが
自分がどういうお店にお作りたいかとをかなり考え必要ありです

 

大人数可 少人数は というふうに振り分けるといいでしょう
例えばですが管理人「ラテ」は以前ファッションの仕事をしていました
そのため 小規模のお店というよりファッション ショーができるような
大きなお店かよいと感じます

 

そういう意味ではイベントスペース、そしてイベントの最大のメリット場所を貸せる
それでギャラリーであったり セミナー形式やったり

 

小さい箱でも可能なんですが あいた時間にうまく活用できるのが
大きなスペース イベント 大型スペースのお店になります

 

カフェであれば 実際のドリンク以外に対しても
料理を用意し結婚式の二次会でや集まりの場所にあった
使い方も可能になります

 

小さいカフェスペースというのは
本当にアットホームで お客さん同士が話せる環境が多く
管理人「ラテ」も小さなカフェで知りあった友人もいます

 

小さいお店は小さなお店 何特徴がたくさんあります
金銭的やはり箱が大きいところは家賃が大きくなり
小さいところは家賃がちいさい ここに大きな店づくりの
立地条件というものがあがってきます

 

都心であれば大きい箱ならば、かなりの家賃の高くなり
小さいと安いのですが埋もれやすくなります

スポンサーリンク