分煙と禁煙

現代の社会に必要になってきた分煙のお店、
開業するにいたり、
喫煙にするか、分煙にするか、禁煙にするか、お店の集客に対して重要な要素になっていきました

 

分煙で一番悩みどころは、空調の関係での設計になります。
しっかり分煙したものの、空調関係で煙が流れたりします。
その心配を解消するために多くの設備投資かかり
どのぐらいこだわるかで変わります。

 

 

昔は分煙などなく、喫煙者がはるかに多いため
喫煙できて当たり前の飲食店がほとんどでした
しかし現代は禁煙のお店の方がおおくなり、
市場が変わってきました。

 

禁煙のお店にする場合は店内は問題ありませんが
カフェ特有のテラスなど使いたい場合
どの路面に面してテラスを作る、もしくは外は喫煙にするか
外は冬は寒く、夏は暑いのを少しでも解消しなければいけません。

 

その時、風除けのカーテンを作ったり、夏はミストの扇風機があると
お客様も利用しやすく、集客につながるでしょう。

 

 

禁煙や喫煙もバランスよく席数、席の場所を配慮し、
分煙もはっきり区切られたお店が増えました、

エアーカーテンの効果

現代の空調管理で代表的な分煙方法は
喫煙部屋のガラス間仕切り、空調管理エアーカーテンがとても多く見られます。

 

このエアーカーテンは管理人「らて」の働いているお店もエアーカーテンで
その効果ははっきりと違いがあります。外気に影響のない店舗レイアウトなら
エアーカーテンは完全にタバコの煙が入ってきません。

 

優れたものになるとプラズマクラスターのエアーカーテンもあるので
この場合は空気清浄しながら、タバコの煙をブロックしているので、
タバコを吸わない人も安心。

 

 

このように環境に配慮されたカフェやお店はお客様にとって居心地がよく
必然的にお客様も利用しやすくなります。

スポンサーリンク