本当はこう使うカフェ店での接客用語

お店の顔ともいえる
ホールのお仕事になります。
基本はあいさつですが

 

「いらっしゃいませ」

 

「ご注文お伺いします」

 

「ありがとうございました」

 

は勿論使う言葉なんですが

 

「いらっしゃいませ」プラス 「こんにちは」または「こんばんは」

 

「ご注文お伺いします」プラス「おきまりのようでしたら」

 

「ありがとうございました」プラス「またおこしくださいませ」

 

など補足的につけるだけで接客用語は印象良くなる。

 

こうした気配りや工夫というのは感性もあるが
経験しないと身に使いない場合はほとんどです。

 

接客用語と形式的に決まった
台詞のように使われいますが
本当は決まりはありません。

 

お客様や言われる相手にとって不快なく、
むしろ心地よく感じれば

 

言葉がフランクであろうが、
友達同士の話でも充分といえます、

 

最初は言葉でも
言葉の先にある感情の感覚が分かれば
接客用語としても適応できると思います。

 

 

ですがやはり最初は接客用語が
しっかりしたところに働くことおすすめします。

接客用語がしっかりしている職場を選ぶ理由として

最初はしっかり接客用語をマニュアル
もしくは使っているお店に努める理由は

 

正式は言葉が覚えれるからです

 

これは案外自分の使用している
言葉は自分しか利用しないので
間違いかどうかきづきません。

 

最初の覚える言葉で
使いづらいと思ったら

 

あなたは正式な言葉を
覚える瞬間だと感じてください。

 

違和感を感じるのは
使い慣れない言葉を使うからです。

スポンサーリンク